先乗り投資方法の生存率が凄すぎることを検証してみました

先乗り投資方法の生存率が凄すぎることを検証してみました

よく株式投資で生き残れる人は少ないという話を聞きます。これはしっかりとデータにも出ており、95%の参加者が負けてしまっているという凄まじいシビアな市場となっています。これは個人投資家だけではなく機関投資家や大口投資家も含めてです。それだけ切磋琢磨しているからです。

では源太流先乗り株カレッジの参加者はどうなっているのでしょうか?しっかりと生き残れているのでしょうか?調べてみました。

5%しか生き残れない市場を生き残る先乗り投資方法

投資のプロでも中々生き残ることが難しいのですが、源太流先乗り株カレッジの生徒おおよそ300人はほぼ生き残っています。しかも数百万円から億単位の利益を残してです。

これはかなり驚異的なことで先乗り投資方法さえしていれば間違えなく株式市場で生き残れることを意味しています。

先乗り投資方法の凄さ。

源太流三種の神器がこの実績を残していると言っても過言ではないでしょう。上がる銘柄を見極めさらにベストなタイミングで売り買いをする、さらに資金管理術でリスクを最小限にする。この方法を使えばリスクを最小限にして利益を最大限にすることは容易なことです。実績が何よりですからね。

億万長者を多数排出

こういう事実があるからこそ先乗り投資方法が間違っていないと言える原因だと思います。さらに数千万円単位で利益を上げている参加者もかなり多いので、相場から消える訳がないんです。安定してこの利益を持っていれば仮に何かの拍子で間違ったとしても問題は全くありません。

副業感覚の主婦の方ですら数百万円は余裕です、元手はへそくりとかだったらしいですが(笑)

生存しているのがありえないレベル

何回も繰り返して言っていますが、株式市場において生き残るというは稼ぐことより難しいことです。瞬間的に稼げる人もいますが、そのあと投資をして資産が目減りしていつの間にかゼロになってしまい市場から退場という方も少なくありません。

そんな中生徒が残りなおかつ利益をあげているのがどんなに凄いことなのか少しは理解してくれたでしょうか。

まとめ

生き残ることそして安定して利益を出し続けること、これがどれだけ難しいことなのか95%しか勝てないことを考えれば凄さは一目瞭然です。生存者の5%に生徒が入っているということですからね。

安定して利益を確保しながら、生活をしたいという方にとっては先乗り投資方法はまさに間違い手法と言えることでしょう。

TOPページを見る